ヘッドハンティング会社をまとめました

ヘッドハンティング会社金額比較

  
社名 紹介報酬 ヘッドハンター数 HP
レイノス 年収の40%~ 200人 http://www.raynos.co.jp/
サーチファームジャパン 700万~2000万円 60人 http://www.search-firm.co.jp/
ジーニアスジャパン 年収の35% 4人 http://www.genius-japan.com/
イーストウェストコンサルティング 年収の35% 100人 http://www.ewc.co.jp/ja/
クライス&カンパニー 年収の40% 15人 http://www.kandc.com/
プロフェッショナルバンク 年収の45%~65% 25人 http://www.pro-bank.co.jp/
ブレイブ 年収の30% 5人 http://www.brave-j.co.jp/

※この金額はおおよその目安です。
ヘッドハンティング会社の報酬体系(金額)は、おおよそ年収の35%~です。これに加えて着手金が発生する場合が大半です。

ヘッドハンティング会社を選定する上で見るべきポイントとは

自社の業界、業態に合った実績がある会社を選ぶ

ヘッドハンティング会社の各サイトを見てみると、ヘッドハンティングを掲載しています。その中で自社の業態、状況と同様のケースがあるかを調べましょう。
自社と同様のケースがあれば、そのヘッドハンティング会社には、自業界に関する見識があるといえます。

また、自社が抱える問題と同様のケースを解決しているということは、依頼した場合に成功する可能性を高めるための、判断基準の一つになります。

所属しているヘッドハンターを確認する

ヘッドハンティングの成功率は、ヘッドハンターによって変わります。コーポレートページでヘッドハンターの経歴、事例を確認しましょう。

ヘッドハンティングと掲げながらも、通常の登録型の人材紹介と違いのないサービスを提供する人材業者も存在するので注意しましょう。

ヘッドハンターを多数抱えている企業よりも、10名前後の少数精鋭で運営しているヘッドハンティング会社の方が、優秀なヘッドハンターとすぐに出会える場合もあります。

実際にヘッドハンティングを依頼する時には、複数の企業とコンタクトを取り、その中で信頼して任せることができそうだと確信できるヘッドハンターに依頼することをおすすめします。

ヘッドハンティングに関して疑問・質問などあれば気軽に問合せるといいでしょう。