ヘッドハンティングターゲット

ヘッドハンティングターゲット

ヘッドハンティングのターゲット層とは

ヘッドハンティングのターゲットになるのは、30~40代が大半です。
その理由としては、ヘッドハンティングで依頼されるポジションは、マネジメント層や専門職が多いので、必然的に中間管理職以上の年齢の方がヘッドハンティングのターゲットになります。

中には20代の方にヘッドハンターから声が掛かる場合もあります。一方で経験豊富なシニアの方に声が掛かる場合もあります。

景気がよくなり、人手が足りないような状況になると、ターゲットを広げなければ採用のための母集団を形成することができないため、年齢の幅を広げる結果、20代~シニアまでヘッドハンターから声が掛かる可能性があるのです。

ヘッドハンティングのターゲットになりやすい人とは

では、実際にはどのような人がヘッドハンティングのターゲットになりますいのでしょうか?
ご想像の通り、その分野でのスペシャリストに声は掛かりやすいです。その場合、個人を指名してスカウトをヘッドハンティング会社に依頼することがあります。
ヘッドハンターが候補者を探し出す時には、まずどのような事業を展開するのか、そのためにはどの程度の規模で、どのような内容・職種・業種がいいのか、またその中でどのような経験をしているべきなのかという、軸に沿って候補者を探し出していきます。ですので、ヘッドハンティング依頼先の要件によっては、絞り込みの時点で数人しか当てはまらないといったことも発生します。
このような事情もあり、ヘッドハンティングのターゲットとなりやすいのは、特定の分野のスペシャリストということになります。

ヘッドハンティングの候補者になるためには

ヘッドハンティングの候補者になるには、まず転職サイトに登録しましょう。ヘッドハンターは転職サイトに登録されている人を条件で絞って、ヘッドハンティング依頼先の企業に提案するリストを作成します。ヘッドハンターが候補者を探し出す先に名前がなければ網にもかかりません。ヘッドハンティングに興味があるけれど、転職を今すぐする気はない…という場合でも転職サイトに登録しておきましょう。その場合に経歴書で声をかけるか否かを判断するので、経歴書はしっかりと書いておくことをおすすめします。

しかし、「転職する気がないのに転職サイトに登録するのは気が進まない。転職サイトに登録すると、メールが大量にくるため厄介だ。」という方は、直接ヘッドハンティング会社に登録しましょう。ヘッドハンティング会社に直接登録することにより、必然的にヘッドハンターの目にあなたの経歴書は留まります。ヘッドハンティング会社サイトの場合、求人サイトとは異なるので、メールマガジンなどの厄介になるメールは来ません。
自分にはヘッドハンティングは来ないのか?と思ている方は、直接ヘッドハンティング会社のHPにご自身の経歴書を登録してみてはいかがでしょうか。