年齢不問のヘッドハンター

年齢不問のヘッドハンター

ヘッドハンティングする側(ヘッドハンター)を知るべき理由とは

ヘッドハンティングという言葉に興味があって、このサイトを読んでいますね。
そうすると、ヘッドハンティングする側、いわゆる「ヘッドハンター」がどのような人なのか気になるでしょう。
ヘッドハンティングされる側である求職者にとっては、自分の人生を左右する「仕事」というものを決めるパートナーなので、ヘッドハンターに関して知っておくということは、いざというときのためにも自分のためになるでしょう。

ヘッドハンターの実情

では、実際にヘッドハンターとはどのような人たちなのでしょうか?
新卒で入った20代の若手から60歳を超えたシニア世代まで幅広い年齢層の方が、ヘッドハンターとして働いています。
また、中途でヘッドハンティング会社に入ってきた場合、前職で関わりのある業界をヘッドハンターとして担当する場合が多いケースです。

ヘッドハンティング会社一筋で働いていているヘッドハンターは、業界の知識というのは浅いのではないか、と疑問に思われていますね?
そんなことはありません。例えば家電の店長を見つけてほしい。という相談があれば、その業界・職種に近い人を何百人とピックアップする作業を行います。
そこで候補者それぞれの経歴をを見るため、その業界・職種ではどのような働き方をするのかが何百ものケースを見るので掴むことができます。
さらにピックアップした中から、何十人もの候補者と面談を行います。
直接生の話を聞くことにより、業界・職種についての知識が一層深まります。

上記のようなプロセスがあるため、ヘッドハンティング会社一筋で働いていたとしても、業界知識は浅くないのです。

ヘッドハンターと年齢

「ヘッドハンターの実情」でも書いてあるように、ヘッドハンターには幅広い年齢の方がいます。
また、ヘッドハンティング会社によっては、シニア層を対象に「ヘッドハンター」をシニア向け求人として出している会社もあります。
今まで培ってきた業界内での人脈を駆使して、求人の依頼を獲得してもらうことが、一つの目的としてあります。